空間創造の未来を拓く鏡板製造 株式会社昭和製作所

検査基準

検査基準

外周の長さの許容差(A種)および平均内径の許容差(B種)

■A種またはB種いずれかを適用します。

■外周長さの基準値は(D+2t)×3.1416とします。

真円度(最大内径と最小内径の差) 高さの許容差 断面形状の精度

■許容差を算出する場合、小数点以下を切り捨てとします。

■t/Dの値が0.005以下の時、検査協議とする場合があります。

フランジ部の倒れ

■フランジ部の倒れは標準フランジ長さ以下の場合に限ります。

開先部の許容差

平鏡板の精度

ナックル部の断面形状

■許容差を算出する場合、小数点以下を切り捨てとします。

■t/Dの値が0.005以下の時、検査協議とする場合があります。

平たん度

■t/Dの値が0.005以下の時、検査協議とする場合があります。

外観検査

  • 通常目視および触手検査とし、表面がなめらかで使用上有害な腐食、キズおよび割れ等の欠陥があってはならない。
  • 冷間プレス加工で成形した場合、リング状の「ひも」が発生する場合があります。この場合、ひも付近の曲面に沿ってゲージをあて、その隙間が2mm以下とします。
  • ステンレス製鏡板の2B肌、No.1肌の保証は致しかねます。

その他

  • 成形後、熱処理した場合の許容差はJIS B 8247を適用します。
  • 支給材に起因する不良が発生した場合、その責は負いかねますので御了承ください。
  • 上記基準以上の許容差、仕上げを御要望の場合は別途御指示を願います。